トラスティーパートナーズ株式会社

CONTACT

PartnersInterview

未知の金融商材。

東証一部上場 内資系 大手IT企業
マーケティング本部 副部長
岡田 和久 様

目に見えない資産を目に見える資産にすることを1つの目的に不動産投資を始められた岡田様。
当初は「不動産投資 = 儲かるもの」というお考えをお持ちだったことから、儲かる商品を敢えて売ることを生業としている不動産投資会社に疑念を抱かれていました。しかし現在、岡田様は2件の不動産の運用をされています。どのような経緯があり、岡田様が不動産投資を開始されたのかについてお話をお伺いさせて頂きました。

QUESTION 001

最初の不動産投資のイメージはどのようなものでしたか?
A

儲かるものをなぜ不動産会社は売るのかと疑問に思っていました。

正直最初は不動産投資は儲かるものだと思っていました。そう思っていたこともあり、儲かるのであれば不動産会社は不動産を売るのではなく、自社で運用すれば収益が確保できますし、わざわざ何故それを売っているのかが疑問だったんです。

敢えて儲かるものを人に売るということは、実際は儲からないものなんだろうと思い、不動産投資には相当な不信感を抱いていましたね。その中で弊社が当時出展していたアドテックトーキョーのブースに関野さんが来られたことがきっかけで、後日不動産投資について詳しくお話を伺いました。「そもそも儲かるものではない」ということと不動産投資の仕組みを聞き、それまでの前提が一気に覆りましたね。

QUESTION 002

前提が覆ってから購入に至ったきっかけは何でしたか?
A

「目に見えない資産を活用できる」ことと
「家族に残せる保険」です。

  • 購入に至った理由としては大きく2つあります。1つは、自分の資産というものが目に見えるものではないところにもあるというお話でした。例えば自分の信用で銀行から借りられる額も資産の一つです。

    それを全然使っていない人がほとんどだと聞き、確かに私も借りられるのに借りていませんでしたし、「その目に見えない資産を有効活用して資産に変えていきましょう」というご提案に対しては「確かに」と納得できましたね。

    もう1つは保険的な使い方ができるという点です。ローンを組めば月々1万円かからない程度の出費でマンションを持てますし、もし私の身に何かがあった際には物件を資産としてそのまま家族に残すことができます。そういった複合的なメリットがあると理解できたので、最終的に購入を決意しました。

QUESTION 003

購入に際して不安はありませんでしたか?
A

購入した今でも不安な気持ちはあります。

  • もちろん不安はありました。「後からこういうお金がかかります」というようなものが出てきたら嫌だなという思いはありましたし、購入した今でも不安が100%無いかというとそうではありません。

    例えば家賃保証は3年で更新となります。直近3年間は安定して回ってくれるので良いかもしれませんが、もし3年後の更新の際に家賃がガクッと下がったらどうしようとか、それがきっかけで最初と全然違う収支になったらどうしようとか、そういった不安は常にありますね。あくまでも投資なので「絶対」はありません。

    その前提なので、目の前にいる人を信用できるかどうかが不動産投資を始める上ではすごく大切だと思います。

QUESTION 004

周囲にも不動産投資をされている方が多いとのことで、
他社と比較したトラスティーパートナーズはいかがでしょうか?
A

提案する本人が不動産投資に積極的で且つ、
サポート面が手厚いです。

これは不動産投資を購入した動機の一つにもなるのですが、実は当時購入を検討していた際に他社のご担当者からもご提案を頂いていました。そこでその方に「ご自身では何件持ってるんですか?」と聞いてみたところ0件だったんですね。不動産投資は儲かるものでないとは分かっていましたが、人に提案する上で、その良さを体感しているか否かは非常に重要だと思っています。

一方で関野さんは当時16件ほど自分で持っていますとのことだったので、こういう方の言うこと、そしてこういう方が社長の会社は信用できるなと。またトラスティーパートナーズの一番の違いとしては「長い付き合いを前提としている」ことだと思います。書類準備や申請など私は苦手なので、そういったサポート面が手厚いという点は非常に助かっています。

QUESTION 005

岡田様にとっての不動産投資とは何ですか?
A

未知の金融商材です。

あまり深く考えたことはないのですが、こういうビジネスもあるんだなと。3LDKやファミリー世帯のマンションであれば探している人がいて、居住用に買いたいというニーズはあると思いますが、そもそも1Kとか1ルームは借りる人はいるけれど誰が買うんだろうと思っていたんですね。そこから不動産投資のビジネスモデルを知り、実際に取り組んで、個人的にはすごく勉強になったと思っています。私は現在2件運用していますが、これからの自分自身の環境やタイミングに合わせて、さらに増やしていくことも検討できればなと考えています。

マンション経営に関するお問い合わせはこちら >

Partners INTERVIEW List