トラスティーパートナーズ株式会社

CONTACT

PartnersInterview

不動産投資は「一つの人生の楽しみ」

東証1部上場 内資系 大手通信会社
統括部長
山中 英明 様

FXやビットコインなど、これまで様々な投資に取り組まれてきた山中様。
資産形成という目的ではなく「楽しむこと」を目的に投資をされて来られましたが、リーマンショックで大きな損失を経験されたことがきっかけで、将来の為の資産形成手段として不動産投資に取り組まれました。当初不動産投資にマイナスのイメージを持たれていた山中様でしたが、現在は4件の不動産を運用されています。そこにはどのような気持ちの変化があったのでしょうか。

QUESTION 001

最初は不動産投資に対してかなり抵抗感を持たれていたそうですね?
A

関野社長とお会いし衝撃を受けました。

最初は「不動産」と「投資」のどちらに対してもマイナスのイメージを持っていました。よくニュースで欠陥住宅がどうだとか、番組の中で芸能人が損したと言っていたりだとか、そういった情報を見たり聞いたりするじゃないですか。不動産投資と言えばそういったイメージしか私の中になかったこともあり、トラスティーパートナーズさんとお会いするまでは全く興味がありませんでしたね。正直こういう投資ってすごく押し売り的なところが多かったりすると思うのですが、担当者さんはそうではなくて「興味があったらぜひ検討してみてください。でもないのであれば買う必要はないと思いますよ。」というところから入ったんです。当然当時の私はもっとグイグイ営業に来るものだと思っている訳ですから、そういったことがきっかけで逆に私の方が興味をもってしまい、お話をお伺いしたところがきっかけでしたね。

QUESTION 002

そのきっかけから購入を決意するまでには
どのような過程がありましたか?
A

いくつかのハードルはありましたが、
最後には納得した上で取り組みました。

  • 資産は何で残すかだと思っていて、堅実にコツコツ貯金していく人もいれば、株やFX、最近では仮想通貨等もありますよね。

    その中で言うと、元々私は不動産投資をするまではFXとか、そういう一発逆転を狙ってやろうというタイプの人間でした。それが十数年前にリーマンショックがあったじゃないですか。あの時に自分の稼いだ財産を全て失ったんです。

    そういった経験があったので、不動産投資だけがリスクがあるものとは思ってはいませんでしたが、自分自身の家のローンも終わっていない中で、更に同じくらいの借金をしなければいけないという点に抵抗を感じていましたね。その中で関野社長から毎月の収支を細かく聞き、最終的には定期で掛け捨ての生命保険を毎月1万円かけて何かあった時に2,000万円が一括で入るよりは、そうなった時に毎月固定で一定の家賃収入がある方が良いじゃないか、と思えたことが購入を決意した大きな理由でした。もちろん投資なのでこの先どういうことが起こるかは分かりませんが、この時点で当初抱いていた不動産投資に対するマイナスイメージは私の中ではほとんどなくなっていました。

QUESTION 003

現在4件お持ちとのことですが、
今後更に増やしていこうとお考えですか?
A

一旦様子を見て良ければ更に増やすことも考えています。

  • 現在購入してからまだ1年も経っていないので、まずはどのような形で運用が進んでいくかを含め、様子見をしたいと思っています。私は元々ギャンブル気質なので、不動産に約1億円の投資をしているという状況でもちろん多少の不安はありますが、一方で、万一私の身に何かあったらこの約1億円のローンがなくなって家族には毎月家賃収入が発生しますし、私が生きているうちは生活費を稼ぐことができます。

    現状は、増やしすぎて何かあった時にリカバリーできないということが一番のリスクだと考えているので、一旦はこの4件を運用していき、「全然大したことないじゃん」ということであれば更に増やしていきたいですね。

QUESTION 004

複数物件運用されている中で、トラスティーパートナーズの
サポート体制はいかがでしょうか?
A

丁寧且つ親身になって頂き、非常に助かっています。

まず初年度は書類や確定申告など色々な手続きがあったりする中で、すごく積極的に「この時期にはこれが必要ですよ」や「この書類を準備しておいてください」といったことをご連絡くださるので、サポートがすごく行き渡っているなと感じています。従業員の皆さんにはそこまで多くお会いしたことはありませんが、一個人をすごく大切にするという風土が社内で出来上がっているんだろうなと思います。関野社長を始め、皆さんが我々購入者に対して購入者の気持ちになって考えてくれているところも非常に素晴らしいです。今だに色々な投資会社から電話が掛かってきたりもしますが、トラスティーパートナーズさんは「押し売り」・「売り切り」をしないというところがすごく良いですね。

QUESTION 005

山中様にとっての不動産投資とは?
A

「一つの人生の楽しみ」ですね。

例えばFXの楽しみってお金が増えるだけじゃなくて、毎日画面を見て「あ、下がった!上がった!」と言える楽しみがあると思うんです。私の中では不動産投資もそうで、すごく刺激があるんですよ。今後どうなるかわからないからこそ近い将来不動産がすごく盛り上がって来るかもしれないという期待感をもったりもできますし、もしかしたらバブル崩壊みたいなものが来てしまうかもしれません。そういう意味で、不動産投資を始めたことで自分の人生に一つの楽しみができたなと感じています。

マンション経営に関するお問い合わせはこちら >

Partners INTERVIEW List