トラスティーパートナーズ株式会社

CONTACT

PartnersInterview

不動産投資は
「人生のスパイス」

外資系 大手製薬会社
マネージャー
長尾 一範 様

当社がお付き合いをさせて頂く前より2件の不動産を運用されていた長尾様。
最初の2件のご購入後も積極的に色々な不動産営業の方とお会いされていたそうですが、その後5年間ほど追加でご購入されることはなかったそうです。その中でなぜ当社をお選び頂けたのか、そして現在計4件を運用されている中で感じられている不動産の魅力とは何なのか、について長尾様にお話をお伺いさせて頂きました。

QUESTION 001

元々弊社担当者と出会う前から不動産投資をされていたそうですね?
A

信頼できる先輩からの紹介がきっかけで始めました。

最初に始めたのは新卒で入った会社の時でしたね。もう今から7~8年ほど前になると思います。当時の先輩が不動産投資をやっていて、税金が返ってくるというおまけがあることも知っていましたし、興味自体はあったんです。ただその時は結構電話営業が多い時代だったので、会社の携帯に電話がかかってきて誰か分からずに取ると急に「税金が取り返せますよ」と言われるような状況ということもあり、不動産の営業マンに対してはすごく胡散臭いイメージをもっていました。その中で実際に取り組んでいた先輩がお付き合いされていた会社を紹介して頂き、お話をお伺いした上で一件目の購入に至りました。勤務先の先輩は大学の先輩でもあったので素性も分かっていましたし、この人は何かあったとしても逃げたりすることはないだろうという信頼があったので、紹介頂いた会社に対してもある程度の信頼感を最初から気持ちとして持っていたというのは大きかったかもしれませんね。

QUESTION 002

他社で2件お持ちの上で、トラスティーパートナーズを
選んで頂けたのはなぜでしょう?
A

担当者さんの素晴らしい人柄と提案に惹かれました。

  • 私は最初の会社で物件を購入した後も、不動産投資のお話があればまずは聞いてみるようにしていました。1社目で2件購入したこともあり不動産投資にはそこまで抵抗もありませんでしたし、どこにどんな物件があるかも分かりません。もちろん会社によってはより良いサービスを提供しているところもあると考えていたので、そういった意味でも会ってみてから考えるようにしていました。

    ただ中々納得のいく提案がなく、2件目を購入してから約5年間は追加で購入することはありませんでしたね。その流れの中でトラスティーパートナーズさんとお会いし、すごく印象的だったのが、一切営業がなかったことです。1時間ほど不動産のお話で盛り上がってその日のお打ち合わせが終わったので、「あれ?他社とは結構違う感じがするな」と。それがきっかけで再度お会いしたいということで、私の方からコンタクトをさせて頂きました。

    担当者さんの人柄も素晴らしく、案の定、不動産の提案もすごく良いものだったので、数年ぶりに3件目、そしてその後すぐに4件目を購入し、元々所有していた2件の管理も全て移行させて頂きました。

QUESTION 003

惹かれた提案とはどのようなものだったのでしょうか?
A

長くお付き合いしていけると思える提案でした

  • まず会社の利益の出し方・コンセプトが良いなと思いました。あまり最初の売りのところで儲けようとせず、どちらかと言うと長く管理をして付き合っていくことで利益を上げていこうという考え方ですね。

    やはり不動産は売り切りではないですが、売り逃げみたいなスタンスの会社が多く、その分最初の買値が結構高い印象があります。その中でトラスティーパートナーズさんは、中長期でクライアントと付き合うことを前提にした利益設計をしているので、買値も比較的抑えられているんだと思います。またトータルでサポートをして頂けるところもすごく助かっています。担当者さん自身も不動産投資を十数件されていて、もし何かあって「売りたい」となった時もすぐに相談できる環境があり、安心してお任せしています。

QUESTION 004

不動産を4件持たれていて感じられる不動産の魅力は何でしょうか?
A

用途を選べ、半自動的に運用されるところが魅力です。

一番は使い勝手が良いなと思っていまして、他にも投資信託や保険商品等もやってはいるのですが、そういう金融商品は全て目的が決まってしまっているんです。例えば医療保険であれば医療保険としてしか使えないといったようなイメージですね。一方不動産は年金や生命保険の代わりとして使えたりもします。自分のライフステージに合わせて、たとえ途中で目的が変わったとしても、不動産は不動産のまま運用しておけば用途が変えられるというのはすごく使い勝手が良いと感じています。その上、運用が楽なのも魅力ですね。

仕事柄そんなに毎日細かくお世話はできないので、デイトレーダーのような投資で儲けるのは今の私には難しいです。もちろん前提として不動産は儲けるものではありませんが、そういった投資は中々取り組み辛いので、ある意味放っておいても勝手に運用されていくという点は不動産の魅力でもあり、大きな特徴だと考えています。

QUESTION 005

長尾様にとっての不動産投資とは?
A

人生のスパイスです。

不動産投資は「やりたくてもできない人」が結構多く、やったとしても悪い条件でしか買えない人も多くいます。偶然私が最初に入社した会社は社会的信用の高い会社だったので、当時25歳の時に安い金利で数千万円を借りて不動産投資を始めることができました。もちろん不動産投資は決して強制されるものではないので、やりたい人だけがやれば良いと思っています。最初は私も不信感や抵抗感を持っていましたが、不動産投資を始めたことで素晴らしい方と繋がれたり、有益な情報を得られたりしました。不動産投資をしていなければそういうこともなかったんだと思うと、不動産投資は私の人生に少しの刺激を与えてくれたものなんだなと感じています。

マンション経営に関するお問い合わせはこちら >

Partners INTERVIEW List