トラスティーパートナーズ株式会社

CONTACT

PartnersInterview

万が一の時の生活を守ってくれるもの

内資系 ベンチャーIT広告会社
取締役
松岡 裕美 様

2件の不動産を大阪で運用されていた松岡様。
当社代表 関野との共通の友人を通じお会いさせて頂き、東京の不動産投資をお任せ頂くこととなりました。今では不動産投資以外にも、松岡様のご自宅購入の際にご相談を頂くほど深いお付き合いをさせて頂いております。東京と大阪という離れたエリアで計3件の不動産を運用される松岡様に、不動産投資についてのお話をお伺いしました。

QUESTION 001

不動産投資はどのような経緯で取り組まれたのでしょうか?
A

実際に話を聞いて不安が解消されたことで不動産投資を始めました。

元々不動産投資に興味はあったんです。「何が良い」「何が悪い」ということが私自身の中で理解できていなかったので、それが原因でネガティブなイメージが大きく不安感を強く持っていました。ただ周囲で取り組んでいる人・成功している人も実際に多くいたので、しっかりやれば上手くいくんだろうなという考えもあり、それが興味を引き立てていましたね。

ちょうど話を聞いてみたいなと思っていた時に知り合いから不動産会社の方をご紹介頂き、まず不動産投資に対してこれまで疑問に思っていたことを全て聞いて、比較的不安に思っていたことが解消されたというのは大きかったと思います。また「地価が下がらない」など、当時考えていた自分自身の判断基準を満たせる物件をご提案頂けたことが購入するきっかけとなりました。

QUESTION 002

トラスティーパートナーズとの出会いのきっかけは何でしたか?
A

友人の食事会を通じて関野社長とお会いさせて
頂いたことがきっかけでした。

  • 一番最初のトラスティーパートナーズとの出会いは関野社長との出会いになるのですが、共通の知人を介した食事会で知り合いました。

    私自身は関野社長とお会いする前に物件を購入していたこともあり不動産会社の方に対しての抵抗等はありませんでしたが、弊社が営業系の会社なので、逆に関野社長は私のことを警戒していたと思います。

    後に聞いたところ、最初はあまり良い印象を持っていなかったとご本人もおっしゃっていましたね。一方で私は関野社長に対して、不動産の方にしては珍しく物腰の柔らかい方だなという印象をもっていました。お互いそういった印象を持ちながら最初にお会いした形になるのですが、お話をしていく内に仲良くなり、そこから自然とお取引をするようになっていきました。今では一緒に旅行に行くほど仲良くさせて頂いており、信頼できる関係を築けています。

QUESTION 003

新たに追加で物件を購入した決め手は何でしたか?
A

関野社長との信頼関係があったからです。

  • 関野社長にお会いさせて頂いたタイミングで、最初にお願いした不動産会社から大阪の物件を2件購入していたので、正直なところ追加での購入はあまり考えていませんでした。しかし関野社長と信頼関係を構築していく中で東京の不動産投資事情を色々と教えて頂き、東京に1件ほど持ってみるのも良いかなと思い追加で購入させて頂きました。

    東京は人口も増えていますし、将来的な物件価値もそこまで暴落するようなことは起こらないのではないかと。不動産投資の仕組み自体は理解をしていたので収支はあまり重要ではなく、あとは「誰に任せるのか」や「誰から買うか」というところだけだったので、素直に関野社長にお願いをさせて頂きました。

QUESTION 004

今後不動産の購入を検討されている方にアドバイスを頂けますか?
A

まずは情報を聞いてみてから判断してみてください。

おそらく根本として、不動産投資をしたいと思っている方はすでにされていると思っています。そういった方は自分で情報を集めて話を聞いて取り組まれたりしていると思うんですけど、しない方は不動産投資に対してのデメリットが先行してしまっていると思うので、まずは話を聞いた上で「これはやった方が良い・やらない方か良い」という判断をされてみてください。

最近私は議員の方とお話をすることが多いのですが、お話を伺っていると意外と知らないことで損をしていることって世の中にすごく色々あるなと。不動産投資も同じで、知った上でやらないという判断なのか、知らずにやれていないのかは全然違うと思いますので、まずはオープンに情報を取りに行くことから始めてみて頂ければ良いのではないかなと思います。

QUESTION 005

松岡様にとっての不動産投資とは何ですか?
A

万が一の時の生活を守ってくれるものです。

私は不動産投資は保険だと思って取り組んでいます。確かに「投資」ではあるのですが、特に始めたからと言って月の収支が急にプラスになるわけではないので、保険的な意味合いが強いですね。

あとは節税・相続のことしか考えていないので、万一自分の身に何かあった時に家族への物件の相続や、資金的な面で生活の支えになれば良いなと。そう言った意味で、不動産投資は自分の為にというよりは、将来の家族の生活を守ってくれる保険のようなものだと思っています。

マンション経営に関するお問い合わせはこちら >

Partners INTERVIEW List