PartnersInterview

人生の選択肢を広げてくれる

内資系 大手IT企業
部長
櫛屋 昂平 様

同年代の方から資産形成についてお話を伺ったことで、不動産投資にも興味を持たれたという櫛屋様。
最初のご提案をさせて頂いてから約9ヶ月ほどの期間を経て、当社とのお付き合いを開始させて頂きました。その期間の中でどのような思考の変化があったのか、そして不動産投資を始められてからの運用状況等についてお話をお伺いさせて頂きました。

QUESTION 001

最初は不動産投資の営業マンは苦手だったそうですね?
A

信頼できる方からご紹介頂き、認識が変わりました。

度々不動産会社の営業の方から連絡があったりはしたのですが、結構強引な電話の方が多かったりと、正直あまり良い印象を持っていませんでした。そんな中、仕事でお付き合いのある信頼できる方にトラスティーパートナーズさんをご紹介頂き、不動産投資のイメージが180度変わったんです。担当者さんはそれまでの営業の方とは違い、押し売りで「儲かるよ」というような説明は一切せず、銀行からの借り入れと家賃保証を上手く使うということをまずご説明くださいました。また、現在私は33歳なのですが、私の年代から資産形成を始めることが人生設計上とても重要ということや、同年代で先に不動産投資をしている方の状況などを共有頂けたことで、次第に不動産投資に対する悪い印象よりも、もっと知って自分でもやってみたいと思えるようになりました。

QUESTION 002

最終的に不動産投資に踏み切ったのはどういった理由からですか?
A

将来的に自分の選択できる幅が広がると考えたからです。

  • 担当者さんが信頼できる方で、その方が勧めるから始めたというのが大きいですね。

    もちろん大きな買い物ですので悩みはありました。実際購入に踏み切るまでは9ヶ月ほどかかった記憶があります。その期間もプライベートで食事に行ったりと、不動産以外でのお付き合いもさせて頂いていました。特に迷っているからと言って迫られることもなく、私のペースでしっかりと不動産投資と向き合える時間を頂けたことは非常に有り難かったですね。

    最終的には、将来的に色々な活用ができる現物資産を持っておくことで、何かあった時の選択の余地が広がれば良いなと思い購入に踏み切りました。

QUESTION 003

実際に不動産投資を運用されてみての感想はいかがですか?
A

始める前にあれこれ悩んでいたことは特に何も起きず、
実感がないくらいスムーズです。

  • 不動産投資を始めてみて、何か生活に変化があったわけではないですし、特に実感も湧かないというのが正直なところです。

    しかし、取り組む前後の心境を比較すると、万一私の身に何かあっても家族に残すものがちゃんと出来たんだなという安心感があります。

    また、始めるにあたっての面倒な登録や書類の準備等も全てサポートして頂いたので、「想像以上に簡単に始められてしまった」という印象さえ持っています。何かあったらこまめに連絡も頂けているので、日常の中で不安に感じることもないですし、逆にこちらのペースに合わせて物事を進めて頂いているので、いい意味で普段は資産を持っているという意識はありません。

QUESTION 004

今後トラスティーパートナーズに求めたいことはありますか?
A

不動産についての知識を教えて頂けると嬉しいです。

初年度の確定申告時に、期限のない中で無理なお願いをしてしまったことがあるのですが、その際もメールや電話を通じてスムーズにサポートして頂けたので、ストレスなく運用ができており大変助かっています。現状特に大きな不安もありませんので、タイミングをみて2件目をご提案頂ければ物件を増やしても良いのかなと考えています。また今後、不動産の知識をさらに増やしていきたいと考えていますので、最新情報の共有や勉強会の開催などして頂ければ一購入者としてはすごく嬉しいです。現在自分が取り組んでいる内容が間違っていないか、マンションの質や近隣地域と比較して良い場所なのか、地価がどのように推移しているのか等、少しずつ自分の中に取り入れた上で積極的に不動産投資に取り組んでいきたいと考えています。

QUESTION 005

櫛屋様にとって不動産投資とは?
A

「人生の選択肢を広げてくれるもの」です。

将来的にしっかりとした生活が保障されているかなんて誰にも分かりません。実際に窮地に立たされてから何もできないということになるよりも、できる時に準備を始めておく方が今は良いと思えます。結果として何もなければ単純に収益を生み出してくれますし、何かあったら年金のように使ったり、売却することもできます。不動産投資はそういった人生の選択肢の幅を増やせるものだと感じています。まだまだ私自身は不動産のことは知らないことばかりですが、信頼できる担当者、そしてトラスティーパートナーズと一緒にこれからの長い運用に取り組んでいきたいです。

マンション経営に関するお問い合わせはこちら >

Partners Interview List