PartnersInterview

個人でできる唯一のレバレッジをかけた投資手法

株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
エグゼクティブ・コンサルタント
原 研亮 様

金融業界のご出身であったことから、ご自身のバランスシートを広げる取り組みの一つとして早い段階から不動産投資をされていた原様。
最初の1件目は原様ご自身で手続きをされ始められたそうですが、非常に大変な思いをされたこともあり、現在は当社とお付き合いをさせて頂いています。金融の知識が豊富な原様に不動産投資についてのお話をお伺いしました。

QUESTION 001

元々不動産はお持ちだったということですが、
なぜトラスティパートナーズで購入されたのでしょうか?
A

物件を増やしたいと考えていところで、
ご縁を感じて購入しました。

前職が金融業で、元々トラスティーパートナーズと出会う前に自分自身で不動産を2件所有していました。もう少し物件を増やしたいと考えていたタイミングで、同じ職場の先輩から担当者さんを紹介されまして、話しやすく親しみやすい雰囲気で、色々なご相談も聞いて頂けそうな方でしたので、私の方から不動産の紹介をお願いさせて頂いたという流れになります。その後1週間ほどですぐに物件のご提案を頂き、提案内容にも満足できたので早速購入させて頂きました。

QUESTION 002

色々な投資手段がある中で、なぜ不動産投資を
選ばれたのでしょうか?
A

個人でできる投資で、一番バランスシートを
広げられるものだからです。

  • 個人でレバレッジをかけて投資しようとすると他にはFX投資くらいしかありません。しかしそれはリスクが非常に高いので、個人では取り組もうと思えませんでした。中でも一番バランスシートを広げられるのは住宅ローンであると考えていたことから、不動産投資を投資手段として選択しました。

    ただ不動産投資は株などとは違い、「物件を見つける」「ローンを組む」など手続きが非常に大変ですので、中々気軽に始められるものではありません。1件目は私自身で手続きを済ませたのですが、非常に手間がかかり大変な思いをしましたね。

    そういった面倒な手続きがあることを知っているからこそ、現在トラスティーパートナーズで全てご対応頂けていることを大変有難く思っています。今までは確定申告等も自分で行っていたのですが、そういったものからも解放され不動産投資を続けるのが楽になりました。

QUESTION 003

今後不動産とどのようなお付き合いをされたいとお考えでしょうか?
A

余剰金ができればいくつでも不動産を
増やしていきたいと考えています。

  • 基本的に自分の余剰金ができてくれば、その都度不動産を買い足していきたいです。都内の小さめの物件であれば不動産価値もあまり上下はしないので、いつ買っても大体同じかなと。

    目に見えてキャッシュフローが増えたり減ったりするような投資ではないので、今の自分の支出を考えた上で、どれだけ投資に回せるのかといったことを常々考えていますね。無駄なお金を浮かせて貯めておくくらいであれば不動産投資で有効的に使い、資産形成の幅を広げていきたいと思っています。

QUESTION 004

今後トラスティーパートナーズに期待したいことは何でしょうか?
A

理解を深めて、前向きに検討されると良いのではないかと思います。

不動産投資のハードルは仕組み上、ローンを組むことだと思うんですね。「ローンを組む = 負債を抱える」という考えになってしまうと、心境的にも少し踏み出しづらくなってしまうかもしれません。

しかし経済上では負債を抱えるわけではなく、その分の資産が同時に手に入っているので、実質借りていないという見方もできます。「土地の価格が下がったらどうするの?」という話もよく聞かれますが、東京の小さい物件は何十年も前から賃料がほとんど変わっていないんですよね。激しく上下するものでもないので、冷静に調べれば大負けすることはないはず、と私は考えています。

購入後の面倒な手続きは全てトラスティパートナーズに依頼すれば、ネックとなる管理側の問題も解決します。元手が大きくかかるものでもないので、借金をするという固定観念を捨て、きちんと資産を増やすという考えができればあまり抵抗感なく始められるのではないかと思います。

QUESTION 005

原様にとっての不動産投資とは何でしょうか?
A

「個人でできる唯一のレバレッジをかけた投資手法」です。

折角の「ローンを安い金利で借りれる時代」です。その中で借りないということは、結局資産形成のチャンスや収益機会を捨てているということになるので、非常にもったいないと思います。不動産投資のような便利な仕組みは、金融業界にいた者からみると「投資で安全に収益チャンスを取りにいく」唯一の手段かなと思っています。資産を増やしたいと思っている方こそ、まずは不動産投資からぜひ検討されてみてください。

マンション経営に関するお問い合わせはこちら >

Partners Interview List